Profile & History

Profile
阪口 良平 Sakaguchi Ryohei
生年月日 1975.02.06
出身地 大阪府
身長 178 cm
体重 64 kg
血液型 Rh+ O
趣味 洗車・ジム通い・テニス・卓球・釣り・サイクリング・KART・スキー バイクツーリング

愛車 
①TOYOTAエスティマ最終
②ダラーラF307/TOYOTA
③SUBARU/BRZ SC付き
④BMW318is 
Mスポーツ5MT右ハンドル
⑤BMW318is
Mスポーツ5MT左ハンドル
⑥HONDA CB125R

ライセンス インターB
グレード シルバー

History
2017年 S耐 ST3クラス
レクサスIS350シリーズ4位
スーパーGT 300クラス
ベントレーコンチネンタルGT3
2016年 スーパーGT 300クラス
ポルシェ991GT3RS・Gulf
S耐 ST3クラス
レクサスIS350シリーズチャンピオン
2014年 86/BRZワンメイクレース
スーパー耐久シリーズ

continued...
>>詳細はこちら
Expression
☆阪口良平 sakaguchi ryohei プロフィール☆
 
1975年 2月6日生まれ 身長178ンチ 体重63キロ 大阪府出身 
 http://www.ryohei-s.net

幼少期はモトクロス・高校1年生からレーシングカートを始める。1996年にはF4の岡山・美祢サーキットのWチャンピオンを獲得し翌年にはF3に参戦を致しました。
その後スーパー耐久やシビックインターカップ等のツーリングカーのレースを若くして経験し、99年からは韓国レースにも参戦、日本人としては第一人者として出場しフォーミュラークラスにて2000年から2002年まで3年連続シリーズ2位。2003年には念願のKMRC Fー1800クラスのシリーズチャンピオンを獲得する。又、2001年の時、韓国GT選手権にもスポット参戦し、第3戦ではF-1800とGTのWポールポジションを獲得して見せた。国内で人気のスーパーGTでは06年鈴鹿ポッカ1000キロで初デビュー(初参戦でポイント獲得)07年はタレントTEAMでヴィーマックをドライブ第3戦では7位入賞を果たす。08年は名門NOVAエンジニアリングとTEAMウエマツがジョイントした4号車ヴィーマックのエースドライバーとして初のフル参戦をし、第4戦のセパンでは4位フィニッシュ、その他ではスーパーラップに年間5回出場、公式TESTでもTOPタイムを記録するなど速さを見せた。
歴史の長い鈴鹿1000㌔耐久レースでは2002年から2005年まで4年連続RSクラスポールポジションを獲得 そしてGT選手権のシリーズ戦になる前の最後の年、悲願の優勝を飾る。FDフォーミュラードリームには2000年に参戦 TESTから好タイムで初レースでは連続表彰台 セカンドルーキー賞を獲得した。

2010年はスーパー耐久シリーズにST2クラス・ランサーエボリューション9で4勝を上げシリーズチャンピォンを獲得しました。
韓国ではヒュンダイジェネシスクーペワンメイクレース参戦・グランドフェスティバルレースで優勝・F1韓国グランプリの前座レースにも出場しました。スーパーGTでは第6戦の鈴鹿ポッカ700キロレースにヴィーマック350Rでスポット参戦しました。

2011年はスーパー耐久ST2クラスで2年連続シリーズチャンピォン獲得しました。

2012年はスーパー耐久ST2クラスで6勝を上げ、3年連続のシリーズチャンピォンを獲得。スポット参戦では15年振りのレースとなったF3開幕戦でNクラス3位表彰台を獲得。スーパーGTでは300クラスランボルギーニガヤルドRG-3で鈴鹿ポッカ1000キロに参戦、10位ポイントを獲得しました。鈴鹿クラブマン耐久では脇選手と組みPP総合優勝を果たす。

2013年は公式レース15戦にエントリー S耐はシリーズ2位 SGTは富士と鈴鹿の第3ドライバーで出場・鈴鹿では予選3位・決勝8位に入る。開催初年度の86/BRZレースでは鈴鹿と岡山にエントリー2位・3位と連続表彰台に登る。クラブマン300キロ耐久レースでは堀田選手と組みPP総合優勝を獲得。韓国ストックカーレースは最終戦F1サーキットでスポット参戦。アジアルマン選手権でも最終戦にポルシェ997RSRでスポット参戦を果たす。

レース以外の時は、インストラクター業務や専門学校の非常勤講師をしています。4輪やKARTの個人レッスンなども行っていますので、何か有りましたらご連絡下さい。

主なリザルト
91年KART SストックEXPクラス 名阪・宝塚Wシリーズチャンピォン
92年KART Aストック近畿選手権 シリーズチャンピォン 6戦全勝
95年フォーミュラ4レースデビュー
96年フォーミュラ4 岡山・美祢Wシリーズチャンピォン
97年フォーミュラ3・スーパー耐久レースデビュー
99年韓国レースデビュー
00年フォーミュラドリーム・セカンドルーキー賞獲得
03年韓国フォーミュラ1800シリーズチャンピォン獲得
05年インターナショナルポッカ1000キロRSクラス優勝 
06年スーパーGTレースデビュー
08年スーパー耐久ST2クラス シリーズ2位 スーパーGT300セパン4位
09年韓国CJレース 2000クラスシリーズ2位 3800クラスシリーズ3位
10年スーパー耐久ST2クラスシリーズチャンピォン
11年スーパー耐久ST2クラスシリーズチャンピォン
12年スーパー耐久ST2クラスシリーズチャンピォン F3開幕戦Nクラス3位 鈴鹿クラブマン耐久総合優勝
13年スーパー耐久ST2クラスシリーズ2位 86/BRZレース鈴鹿2位・岡山3位 鈴鹿クラブマン耐久総合優勝
14年スーパー耐久ST2クラスシリーズ2位 アジアンル・マンシリーズ3位 鈴鹿クラブマン耐久総合優勝
15年86/BRZレースプロフェッショナルクラス シリーズ2位 S耐・アジアンルマン・CCS-R SGT参戦
16年スーパー耐久ST3クラスシリーズチャンピォン獲得 
スーパーGT300クラス GULF・NACポルシェ911出場
17年スーパーGT300クラス アイカーズベントレーGT3出場
18年スーパーGT300クラス アイカーズベントレーGT3出場
スーパー耐久ST3クラスシリーズチャンピォン獲得

岡山国際サーキットワーゲンルポクラス コースレコードホルダ-
岡山国際サーキット86N1クラス コースレコードホルダー
岡山国際サーキットS耐ST3クラス コースレコードホルダー
十勝スピードウェイST2クラス コースレコードホルダー
オートポリスS耐ST2クラス コースレコードホルダー
岡山国際サーキット86/BRZレースプロクラス コースレコードホルダー
 
父・阪口顕 元BSワークスライダー 71年TS-2チャンピォン(ファミリアロータリークーペ) 72年FL360チャンピォン(KE FJ1スズキ) 73年FJ1300シリーズ2位(ハヤシ708UCC尾川日産)74年カーショップ設立 カーショップアキラ~株式会社アキランド
甥・阪口晴南(セナ)SGTドライバー 1999年生まれ