Diary & Column

<< back
Diary
■ 5週連続レースの4回目
  V8 5000cc AT 

11月2日、日本で初開催されたレクサスCCS-Rのレースに参戦して来ました。発表された時からISFの左ハンドル・レースカーで色はオレンジと凄くインパクトが有り、しかもATなのでどんなフィーリングだろう?と興味津々でした。ちなみにCCS-Rの略はサーキットクラブスポーツレーサーです。

今回は富士インタープロトシリーズ第4戦の中にIPS7台・CCS-R3台・合計10台が一緒に走る事になり、主催者・関係者方々のパワーと情熱は凄いと感じました。

そのレースに名古屋トヨペット様のCCS=Rブラックカラー・ゼッケン10・ジェントルマンクラス伊藤選手・プロクラス阪口でエントリーとなりました。本当に光栄な事です。

金曜日からの初走行で天候はWET・・ですがCCS-Rはトラクションコントロール・ABS・ATのクリッピング機能など凄く安全でドライブしやすいマシーンだと感じました。伊藤選手のアドバイザーも兼任していたので車載やロガー・コースなどでチェックもしました。

土曜日、予選・天候はWET 伊藤選手はメキメキと速くなり2番となりました。私の予選は雨が止んだのでスリックタイヤで挑みました。ですがまだ早かった様です・・2~3周あればのタラレバでした。3番手

午後からはジェントルマンクラスの決勝です!CCS-Rは全車スリックタイヤ!伊藤選手はまだ少し濡れている路面ですが危なげなく冷静に走り2位チェツカーとなりました。そして夜は全TEAMで懇親会!楽しい時間でした。

日曜日、天候はDRY! ジェントルマンクラスの2レース目からです。クラスポールのマシーンがトラブルで時間までに治らなくてとイレギュラーな事になってしまいました。残念な2台の走行になってしまいましたが無事1位でチェッカーを受けました。本当に色んな事を短時間に吸収して冷静なドライバーです!

続いてプロクラスです!最後尾から2周目の最終コーナーでTOPになり、間隔が開いたので最後はタイヤを持たせペースダウンし1位でチェッカーを受けました。そして、そのままホームストレートに停止し、1分後、第2レースの始まりです。2周目の1コーナーで番場選手に先に行って貰い後ろから様子を伺う作戦で接近戦を繰り広げてました。しかし後半、急にRタイヤのトラクション不足になり、抜き返すまでには至らなく接近戦のまま2位でチエッカーとなりました。ですが2人で良いバトルが出来たと思います。

CCS-Rはまた新しいレーシングカーのスタイルだと感じ、凄く良いマシーンだとドライブしてそう思いました。又、インタープロトも魅力的なマシーン・開催内容・アットホームな感じに魅かれました。素晴らしいです。

また来年も参戦出来れば嬉しいです♪